姿勢をよくする方法の研究サイト※姿勢ビューティーラボ

MENU

正しい姿勢を知り毎日の生活に取り入れること

姿勢を良くするには、まず自分にとっての最良の姿勢を知ることです。
正しい姿勢を知らずにいると、いつも自分が正しいと思って姿勢を良くしているつもりでも他の人から見るとそうでない場合があります。その場合骨盤が歪んでしまったり、無駄な所に筋肉がついてしまい、正しい姿勢を取ることが容易でなくなります。その為まずは正しい姿勢を自分の目で確認しながら知ることが大切です。

 

例えば、立っている場合に姿勢を良くするには、頭の天辺を何かに引っ張られると思いながら意識を上の方に持って行くことがポイントです。目線は遠くにもっていき、肩甲骨は下に引き下げます。その時はお腹や背中を締めるようにします。体重の乗せ方ですが、鏡を横から見るとかかとの一を基準に頭まで一直線に線を引いたように立つことが好ましいです。
この時、鏡で自分の姿勢を確認しながら行うことが効果的です。
姿勢1
このようにまずは正しい姿勢を知り、それを日々の生活に取り入れることが姿勢を良くする方法です。

姿勢の悪さが肩こりにつながる?!

私は元々姿勢が悪く猫背です。
いつもパソコン机に肘をついて作業をしているので、片側だけ変な形になってしまっています。
一説では肘をついているほうの筋肉が弱っている、という話も聞いたことがあります。
今までは若いので特に問題がなかったのですが、最近やたらと肩こりがするようになりました。
原因は、姿勢の悪さしか思いつきません。

 

三時間くらい同じ姿勢でいると肩が凝り、座っていられなくなってしまうのです。
ですので、私が最近姿勢をよくする方法として、肘をパソコン机について作業をしないようにする、というのとなるべく画面から目の位置を離すということを実行しています。
姿勢2
すると自然と目が離れ、背筋がのびます。目にも今まで負担がかかっていたのですがそれも軽減されました。
普段の生活でもなるべく背筋を伸ばし、あごを引いて歩くようにしています。
最近やっと肩こりが軽減され、外のウィンドーに映った自分の姿も猫背であることが少なくなりました。
姿勢がよくなると肩こりも軽減されるのでとてもよいです。